あすぷろ実行委員会規約

2017.9.11改訂

(名称)
第1条 本会は、あすぷろ実行委員会と称する。

(所在地)
第2条 本会は、東京都江東区有明1-4-11-425に置く。

(目的)
第3条 本会は、できないとあきらめている人、困難を抱える人々をアシストするヒト、場所、モノを日本中に増やし、世界標準のユニバーサルな価値観により、お互いの立場を尊重し、ともに人生を楽しめる環境を日本中に広めることを目的とする。

(事業趣旨)
第4条 本会は、趣旨に賛同するメディア、企業・団体、店舗・施設、学校、行政などと協働し、PR活動や実行委員の活動を通じて多くの人々に呼びかけるとともに、誰もが一緒に人生を楽しめるための新たな方策や選択肢を提供する。

(アシスター)
第5条 できないとあきらめている人、困難を抱える人々をアシストする人、企業、団体等をアシスターと呼ぶ。

(アシスターの種類)
第6条 アシスターには個人(パーソナルアシスター)のほか、メディアアシスター、ビジネスアシスター、フィールドアシスター、トラベルアシスター、ショップアシスター、スクールアシスター、パブリックアシスターr、クリエイティブアシスター、コミュニケーションアシスターなどの種類を設定する。

(ASSYstarの分野)
第7条 アレルギーや過敏症等、赤ちゃん&ママアシスターズ、こども応援、介護とリハビリとトレーニング、障がい者の社会進出、エンド・オブ・ライフ、おとなの発達障害、訪日・在住外国人対応などをASSYstarの分野とする。

(構成)
第8条 本会は実行委員、理事会によって構成する。

(実行委員)
第9条 実行委員はアシスターを日本中に広げるための活動を積極的に行う。また、あすぷろ実行委員会のホームページやSNSにおいて発信を行うことができる。
2 分野別もしくはアシスターの種類別に役員が実行委員を募るものとする。
3 実行委員は役員の推薦により委員長が委嘱する。また、委員長あての辞任届けを提出することで、いつでも辞任できるものとする。ただし、辞任後も誓約事項を順守しなければならない。

(役員)
第10条 本会に次の役員をおく。
委員長 1名、 理事 複数名
2 アシスターの分野別に1名の理事をおく。またアシスターの種類別に理事をおくことができる。
3 委員長は実行委員会を代表し、会務を総括する。
4 委員長の業務執行に支障が生じた場合には、理事の互選により委員長代行を選出する。

(監事)
第11条 本会に監事を置く。
2 監事は本会の事業監査、会計監査を行い、また理事会に参加することができる。
3 監事の判断により、理事会を招集することができる。

(顧問)
第12条 本会に顧問を置くことができる。
2 顧問は本会の事業実施にあたり指導助言する。事業領域となるASSYstarの分野または種類を特定することができる。
3 顧問は豊富な学識経験、または事業に関わる豊富な経験を有する個人であり、理事会にて選任を行う。

(事務局)
第13条 本会の実務を処理するため、事務局を設置する。

(理事会)
第14条 本会に、役員会として理事会を置く。
2 理事会は年1回の定例会議、また必要に応じて委員長の招集により臨時会議を開催し、委員長が会議の議長をつとめる。
3 理事会は役員の過半数の出席または委員長への委任状の提出により成立し、議事は出席者の過半数をもって決する。ただし、可否同数の場合は議長の決するところによる。
4 委員長の判断により、電子メールによる書面決議を行うことができる。

(議決を必要とする事項)
第15条 下記の内容については理事会の会議の議決を必要とする。
 (1) 役員・監事・顧問の選任、退任、解任及び実行委員の解任
 (2) 本規約の制定および改正
 (3) 事業計画及び予算・事業報告及び決算の承認
 (4) イベントの主催・協賛
 (5) アシスターの新たな分野の設定または廃止
 (6) 一般社団法人ASSYstar's Projectとの取り決め
 (7) 本会の解散

(事業収入)
第16条 以下の収入を元に運営する。
 (1) アシスターサインを企業・団体が製品・広告・販促物において使用する際のロイヤリティ
 (2) ステッカー・缶バッジ・ピンバッジなどの販売における、アシスターサイン使用のロイヤリティ
 (3) イベントへの協賛料・出展料等
 (4) その他

(ロイヤリティ)
第17条 第16条第1項第2項により事業収入として得たロイヤリティのうち、65%をロイヤリティ入金後に権利者に支払うものとする。

(メディアおよび企業・団体との調整)
第18条 アシスターサインを使用するメディアおよび企業・団体との調整は電通またはあすぷろ実行委員が行うものとする。

(文書)
第19条 本会として発行する文書はすべて委員長名義とする。

(会計)
第20条 以下の原則によって運用する。
 (1) 本会は寄付を一切受けない。
 (2) 資産、費用および収入、請求書の管理・発行についてはすべて事務局が管理する。

(HAND WING合同会社)
第21条 HAND WING合同会社は当会の契約業務、決済業務を行うほか、実行委員への活動支援等を行うものとする。

(リスク管理・クレーム管理)
第22条 事務局が把握したリスク情報、クレーム情報は役員および監事、顧問の間でその情報を随時共有するものとする。

(事業年度)
第23条 本会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(発足と本規約の発効)
第24条 本実行委員会は平成28年4月13日の役員会を発足日とし、本規約は同日を発効日とする。